ありがちホームページを作るなかれ!

同じようなホームページでは差別化ができない

ありがちなホームページが乱立しているので、同じようなホームページでは他の商品や会社との差別化ができません。存在を認識してもらいづらくなるので、結局は買ってもらえいないこともあり得ます。他のホームぺージがしていないことをすることが大事です。オリジナルのホームページならすぐに覚えてもらえますし、次に訪問してもらえる可能性があります。印象に残るというのはそれほど大事なことです。特にインターネットの世界では同じようなサイトが乱立していることがありますので、抜きでた成果を上げるためには同じものを作っていてはできません。商品が特色あるものでも、ホームページが他と同じでは売れるものも売れなくなる可能性があります。

売りが全てを決定する

オリジナルのホームページを作るコツとしては売りを明確にすることが大事です。ホームページで紹介したいことが何なのかをトップページにもってくることで、ホームページの売りを明確にします。その売りに合わせたホームページを作り上げていくと、オリジナルのホームページが出来上がります。色や商品の紹介の仕方まで、ホームページで変えられるものを他と差別していくことも大事です。売りに合わせた統一感のあるホームページであれば、見る方も安心して見れます。視聴者の視点から見てみると、どの点が見づらいかもわかります。文字の色と背景の色などの基本となるものを変えるだけでも印象は変わりますので、そこも変えるといいでしょう。見た時にインパクトのあるホームページを作ると、印象に残り差別化できます。

HP制作は、文章の作成や画像の用意だけではなく、サーバーの選定などのいわゆる裏方の作業も必要になります。最近では、便利なHP作成ツールが公開されているので、それらを活用すると作業を円滑に進められます。